奥多摩ビジターセンター 自然教室ボランティア会

「大多摩ウォーキングトレイル(氷川ー古里)」  紅葉の渓谷を歩く

大多摩ウォーキングトレイル
多摩川紅葉の渓谷を歩く

開催日   11月18日(日)
実施場所  氷川から古里までの多摩川の渓谷
定員    40名
参加費   大人 500円  小学生 300円(小学3年生以上 ※小学生は保護者同伴)
締め切り  11月4日(日) 消印有効必着
申し込み方法  往復はがきに、参加者全員の氏名・年齢・住所・緊急連絡電話番号を記載の上         奥多摩ビジターセンターへ郵送してください。
持ち物   昼食、飲料水、雨具、筆記具,ライト、軽登山に適した靴・防寒具など
雨天中止  前日17:00発表の気象庁天気予報で、当日9:00~18:00の降水確率50%以上で中止させていただきます。
集合    9:20 奥多摩ビジターセンター
解散 15:30 JR古里駅

当日の予定
9:20 奥多摩ビジターセンター集合 受付・挨拶など
9:40 ビジターセンター出発
10:45 数馬狭
11:45 白丸集落 昼食
12:50 白丸ダム
13:20 鳩ノ巣渓谷
14:00 松ノ木展望台
14:45 寸庭橋
15:20 JR古里駅
15:30 解散

予定時間は、多少前後することがあります。また、コースの安全上、一部変更する場合があります。
あらかじめ、ご了承ください

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩自然教室ボランティア会 主催イベント)

【往復はがき】
①イベント名 
②氏名 ③氏名(かな) ④性別 ⑤年齢(②~⑤は参加者全員)
⑥郵便番号・住所 ⑦当日連絡先電話番号(⑥~⑦は代表者のみ)
 ①~⑦の項目をご記入の上、下記送り先まで郵送ください。
【送り先住所】
  〒198-0212東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩自然教室ボランティア会 宛
※一枚につき三名まで
・申込多数の際は抽選となります。 ・日程やイベント名などは変更となる場合がございます。予めご了承ください
・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.tokyo-park.or.jp/nature
/okutama/2018/41917.html



奥多摩こんにゃくとうどんづくり体験

11/17 山のふるさと村 若干名の残席あり

奥多摩の「コンニャクとうどんづくり体験」をしてみませんか?
体験後、昼食としていただきます。
stardomeokunippara160806

奥多摩駅から無料送迎 集合10:00

定員15名参加費1,000円
山のふるさと村管理事務所 0428-86-2556



奥多摩ビジターセンター 自然教室

「親子で観察 渓谷を翔るムササビ」

musasabikaisetsu
自然豊かな奥多摩町は町内でも野生動物を観察することができます。
日が暮れて闇に包まれる頃、音もなく空を飛ぶ動物…その動物の名は“ムササビ”。
ムササビの生態についての解説と、滑空する姿を実際に観察する自然教室です。
ムササビを見られるか見られないかは運次第ですが、ぜひこの機会に親子で体験してみてください。

開催日 平成30年11月11日(日)
小雨実施。なお、荒天時は中止となります。
実施場所 ビジターセンター、氷川渓谷周辺
対象 親子(子ども6歳以上)
定員 15名
参加費 50円
締切 平成30年11月1日(木)必着
持ち物 野外活動に適した服装と靴、防寒具、懐中電灯、筆記用具、レジャーシート、飲料、保険証等
申込方法 Webサイト申込フォーム
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/form/
(こちらをクリック)
もしくは往復はがき(詳細はこちらをご覧ください)
集合 15:30 奥多摩ビジターセンター
解散 19:00 奥多摩ビジターセンター

当日の予定
15:30 受付
15:45 ムササビの生態解説(ビジターセンター)
16:20 ムササビ滑空観察(氷川渓谷周辺)
  18:45 まとめ(ビジターセンター)
19:00 解散
予定時間は、多少前後することがあります。また、コースの安全上、一部変更する場合があります。
あらかじめ、ご了承ください

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩ビジターセンター 自然教室 主催イベント)

【往復はがき】
①イベント名 
②氏名 ③氏名(かな) ④性別 ⑤年齢(②~⑤は参加者全員)
⑥郵便番号・住所 ⑦当日連絡先電話番号(⑥~⑦は代表者のみ)
 ①~⑦の項目をご記入の上、下記送り先まで郵送ください。
【送り先住所】
  〒198-0212東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩自然教室 宛
※一枚につき三名まで
・申込多数の際は抽選となります。 ・日程やイベント名などは変更となる場合がございます。予めご了承ください
・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.tokyo-park.or.jp/nature
/okutama/2018/41736.html

musasabikonseki



奥多摩ビジターセンター 自然教室ボランティア会

「紅葉の倉戸山自然観察登山」

紅葉の倉戸山自然観察登山
今年最初の紅葉狩りは奥多摩へ行こう!

開催日   10月28日(日
実施場所  倉戸山から奥多摩湖
定員    40名
参加費   大人 1100円  小学生 600円(小学3年生以上 ※小学生は保護者同伴)
締め切り  10月10日(月) 消印有効必着
申し込み方法  往復はがきに、参加者全員の氏名・年齢・住所・緊急連絡電話番号を記載の上         奥多摩ビジターセンターへ郵送してください。
持ち物   昼食、飲料水、雨具、筆記具,ライト、軽登山に適した靴・防寒具など
雨天中止  前日17:00発表の気象庁天気予報で、当日9:00~18:00の降水確率50%以上で中止させていただきます。
集合    9:00 奥多摩ビジターセンター
解散 16:10頃 JR奥多摩駅

当日の予定 9:00 奥多摩ビジターセンター集合 受付・挨拶など
9:30 バス出発(JR奥多摩駅前)
10:10 女の湯バス停下車
10:20 倉戸山登山スタート
12:30 倉戸山山頂 昼食
13:30 倉戸山下山開始
14:40 温泉神社上分岐
15:20 大麦代展望台
15:30 大麦代園地
15:58 大麦代バス停発
16:10 JR奥多摩駅前着  解散
16:15 奥氷川神社  解散
予定時間は、多少前後することがあります。また、コースの安全上、一部変更する場合があります。
あらかじめ、ご了承ください

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩自然教室ボランティア会 主催イベント)

【往復はがき】
①イベント名 
②氏名 ③氏名(かな) ④性別 ⑤年齢(②~⑤は参加者全員)
⑥郵便番号・住所 ⑦当日連絡先電話番号(⑥~⑦は代表者のみ)
 ①~⑦の項目をご記入の上、下記送り先まで郵送ください。
【送り先住所】
  〒198-0212東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩自然教室ボランティア会 宛
※一枚につき三名まで
・申込多数の際は抽選となります。 ・日程やイベント名などは変更となる場合がございます。予めご了承ください
・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.tokyo-park.or.jp/nature
/okutama/2018/41668.html



奥多摩ビジターセンター 自然教室ボランティア会

「初秋の井戸入林道・山野草観察ハイキング」

林道・山野草観察ハイキング
秋風にそよぐ林道の萩草花があなたをお誘いします。

開催日   9月29日(日)
実施場所  栃寄沢、井戸入林道
定員    40名
参加費   大人 700円  小学生(参加は3年生以上)300円
締め切り  9月10日 必着
申し込み方法  往復はがきに、参加者全員の氏名・年齢・住所・緊急連絡電話番号を記載の上         奥多摩ビジターセンターへ郵送してください。
持ち物   昼食、飲料水、雨具、筆記具、ハイキングに適した靴・服装など
集合    9:00 奥多摩ビジターセンター
雨天中止  前日17:00発表の気象庁天気予報で、当日9:00~18:00の降水確率60%以上で中止させていただきます。
解散 16:15頃 奥氷川神社

当日の流れ   9:00 奥多摩ビジターセンター集合 受付・挨拶など
        9:30 奥多摩駅バス停
        9:40 境橋バス停下車
        11:00 栃寄渓谷登山道入口
        12:00 栃寄渓谷登山道折り返し地点 昼食
        14:20 井戸入林道展望地
        15:10 井戸入林道終点
        15:40 登計園地
16:15 奥氷川神社  解散
予定時間は、多少のずれがあります。また、安全上、コースを変更することもあります。

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩自然教室ボランティア会 主催イベント)

【往復はがき】
①イベント名 
②氏名 ③氏名(かな) ④性別 ⑤年齢(②~⑤は参加者全員)
⑥郵便番号・住所 ⑦当日連絡先電話番号(⑥~⑦は代表者のみ)
 ①~⑦の項目をご記入の上、下記送り先まで郵送ください。
【送り先住所】
  〒198-0212東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩自然教室ボランティア会 宛
※一枚につき三名まで
・申込多数の際は抽選となります。 ・日程やイベント名などは変更となる場合がございます。予めご了承ください
・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.tokyo-park.or.jp/nature
/okutama/index.html



夏休み!まだ間に合う!おくたま海沢ふれあい農園
(奥多摩クラインガルテン)
涼しい奥多摩で夏の体験はいかが。
農園が提供するスペシャル企画2018夏
おくたま「「野菜収穫&ピザ作り体験」おひとり1500円
8月15,16,19,26日10:30~13:00
トマト・ピーマン・バジルを収穫してのピザ体験
2 種類のピザを作ります。

YasaiPizza180815~

ワサビ丼(8/11,9/9)やピザ(8/15,16,19,26)は昼食になるので、財布にもやさしいです。 体験後は、近くの沢で沢遊びもできます。すごく涼しい沢です。ご案内します。 電車の方は、駅から送迎できる場合もあります。申し込み時に、ご相談ください。 8名以上の団体さんは、ご希望の日程で新規体験も可能です。 おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン) 電話・FAX 0428-85-8685(営業時間 8:30~17:15 月曜定休)
http://business4.plala.or.jp/taki3/

夏休み!まだ間に合う!おくたま海沢ふれあい農園
(奥多摩クラインガルテン)
涼しい奥多摩で夏の体験はいかが。
農園が提供するスペシャル企画2018夏
おくたま「わさび田体験とわさび丼体験」おひとり2500円

WasabidaDon180811~

ワサビ丼(8/11,9/9)やピザ(8/15,16,19,26)は昼食になるので、財布にもやさしいです。 体験後は、近くの沢で沢遊びもできます。すごく涼しい沢です。ご案内します。 電車の方は、駅から送迎できる場合もあります。申し込み時に、ご相談ください。 8名以上の団体さんは、ご希望の日程で新規体験も可能です。 おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン) 電話・FAX 0428-85-8685(営業時間 8:30~17:15 月曜定休)
http://business4.plala.or.jp/taki3/

奥多摩ビジターセンター

自然教室「清流のワサビ田と治助芋の収穫体験」

wasabida180728
zisukeimo180728
奥多摩には特産物としてワサビと治助芋(じすけいも)があります。今回はそれらの農作業や収穫を体験し、 実際に食べます。「食」を通じて奥多摩を満喫しませんか?皆さまのご応募をお待ちしております!

開催日   平成30年7月28日(土)
雨天決行 雨天の場合はおくたまふれあい農園(屋内)で奥多摩産ワサビを使った料理教室を実施します。       ただし、大雨などの影響によりJR青梅線が運休となる場合などは中止いたします。 実施場所  奥多摩クラインガルテン(おくたま海沢ふれあい農園)
対象  小学生以上(小学生は保護者同伴) 定員    20名
参加費   2000円 (昼食代を含みます)
締め切り  平成30年7月18日(水)必着
持ち物 登山に適した服装と靴、防寒具・雨具・帽子・手袋・飲料水・昼食・筆記用具など
申し込み方法 webからフォーム申込又は往復はがきで
https://www.tokyo-park.or.jp/nature
/okutama/2018/40812.html
往復はがきに下記の項目を記入し、お送りください。
・参加したいイベント名
・参加者全員の氏名(ふりがな)、性別、年齢、住所
・申込代表者の当日連絡先電話番号
  ※はがき一枚につき3名まで
お送り先: 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩ビジターセンター

集合 10:00 おくたま海沢ふれあい農園
解散 15:00 おくたま海沢ふれあい農園

当日の行程(予定)
10:00 おくたま海沢ふれあい農園集合
10:10 ワサビ田に向けて出発
10:30 ワサビ田で農作業体験
11:45 農園に戻り、昼食(ワサビを使った料理を食べます)
13:00 畑で治助芋収穫体験
14:30 農園に戻り、まとめ・アンケート実施
15:00 解散

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩自然教室ボランティア会 主催イベント)

・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.tokyo-park.or.jp
/nature/okutama/2018/40477.html

wasabida&zisukeimo



「ミヤマカラスアゲハを求めて おくたま蝶観察ハイキング」

 奥多摩ビジターセンター自然教室

日原林道できれいなチョウ『ミokutamamukasimichi


「ヤマカラスアゲハ」を探しながらハイキングしませんか? 当日は昆虫や植物を観察して、緑あふれる奥多摩の夏を満喫します。皆さまのご応募をお待ちしております!

雨天順延
前日22日(金)17:00発表の気象庁天気予報で、当日23日の6:00~12:00及び12:00~18:00のどちらかが 降水確率60%以上の場合、24日(日)に順延いたします。
開催日 平成30年6月23日(土)
実施場所 日原林道(全行程約8㎞)
対象 小学生以上 ※小学生は保護者同伴
定員 20名
参加費 50円
締め切り 平成30年6月13日(水)必着
申込方法
Webサイト申込フォーム(https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/form/)
もしくは往復はがき(詳細はhttps://www.tokyo- park.or.jp/nature/okutama/2018/40477.html)
持ち物 弁当、飲料、野外活動に適した服装・靴、雨具、防寒具、帽子、保険証
集合 10:10 日原森林館
解散 16:00 西東京バス『東日原』バス停
当日の行程(予定)
10:10 日原森林館集合(受付後館内で行程説明および出発準備)
10:35 日原林道へ出発
12:20 八丁橋で昼食(30分)
13:35 日原林道を折り返し
14:10 八丁橋
15:30 『東日原 』 バス停横広場到着
16:00 解散
※雨天時やハイキングコースの状況により、行程を短縮または変更することがございます。 予め、ご了承ください。
 奥多摩ビジターセンター
 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川 171-1
 電話番号:0428‐83‐2037
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama
/2018/40811.html

奥多摩町とは

東京都の最西部に位置する奥多摩町は、全域が秩父多摩甲斐国国立公園に指定され多くの自然に囲まれています。 雲取山(2,017m)を盟主とする山岳が連なり、ツキノワグマや特別天然記念物のカモシカなどの大型哺乳類が棲む深い森があります。 多摩川・日原川を中心とした渓谷や奥多摩湖は、四季折々の美しさがあり、人々の心を癒しています。 豊かな森と水に囲まれた潤いのある町では、登山、ハイキング、キャンプ、釣りなどのアウトドアを満喫でき、一年を通じて多くの人に親しまれています。 また、古来から多くの民族芸能が伝承される歴史の町でもあります。



「民話を楽しむ 奥多摩むかし道歩き」

 奥多摩ビジターセンター自然教室

okutamamukasimichi

奥多摩には昔から語り継がれている魅力的な民話が多く残されており、奥多摩むかし道にも民話が残っています。 今回の自然教室では奥多摩むかし道をハイキングしながら、その要所ごとにゆかりのある民話をご紹介いたします。 申込の締め切りは4月11日(水)でしたが、定員に空きがあるため4月17日(火)に延長いたしました。 春から夏に季節が移り変わろうとしている奥多摩むかし道で民話に親しみながらハイキングをしませんか? 皆さまからのご応募お待ちしております。

開催日 平成30年4月21日(土)
実施場所 奥多摩むかし道(全行程約9㎞)
対象 小学生以上 ※小学生は保護者同伴
定員 20名
参加費 50円(別途バス代が必要となります)
締め切り 平成30年4月17日(火) 必着
申込方法
Webサイト申込フォーム(https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/form/)
もしくは往復はがき(詳細はhttps://www.tokyo- park.or.jp/nature/okutama/2018/40477.html)
持ち物 弁当、飲料、野外活動に適した服装・靴、雨具、防寒具、帽子、保険証
集合 10:00 奥多摩ビジターセンター
解散 15:00 西東京バス『奥多摩湖』バス停横 広場
■当日の行程
 10:00 奥多摩ビジターセンターへ集合
 10:20 準備運動後、出発
 12:00 白髭神社周辺にて昼食予定
    途中、むかし道において民話の紹介・朗読を行う。
 12:30 休憩後、白髭神社を出発
 14:30 奥多摩湖へ到着
 15:00 解散
※雨天時やハイキングコースの状況により、行程を短縮または変更することがございます。 予め、ご了承ください。
 奥多摩ビジターセンター
 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川 171-1
 電話番号:0428‐83‐2037
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama
/2018/40480.html

  団長小山長久の引退により、しばらく休刊になります

奥多摩何でも探偵団10月号(11月1日発行)

okutan201710
 2017年10月月報(11月1日発行)PDF ここ をクリック

   過 去の月報はこちら  ここをクリック

  奥多 摩何でも探偵団9月号(10月1日発行)

okutan201709
 2017年9月月報(10月1日発行) PDF ここをクリック


    TLUDで竹炭づくりと間伐竹細工

   海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン)

tlud&takezaiku180225

里山竹林再生活用プロジェクト
今回はNPO法人樹恩ネットワークさんも共同開催です。
2月25日日曜日
(ホリデー快速おくたま3号)
9:17 奥多摩駅着
*農園まで無料送迎します
9:30 農園集合 TLUD炭焼き体験
     講師指導の下、みんなでTLUD
  炭焼きで竹炭を作ります。
     (午前の部 参加費無料・16時頃完成予定・竹炭お持ち帰りできます)
12:00 お昼ごはん(地元のお母さんが用意)
*予定「すいとん」「大根サラダ」「農園産つけもの」「コーヒー」(800円)
13:00 竹細工教室
      初心者・中上級者に分かれて、竹でかごを作ります。
      (参加費材料代2,500円)
16:00 終了
16:18 奥多摩駅発(ホリデー快速おくたま4号)
*駅まで送迎します

午前のみ、午後のみでの参加も可能。
材料の準備があるので2月18日までに申し込みください。 
 おくたま海沢ふれあい農園

(奥多摩クラインガルテン)0428-85-8685
非営利クラインガルテン運動支援機構
http://kgjp.org/newevent.html
tikurinteireokutama



     山のふるさと村 

     冬まつり2018

恒例 山のふるさと村 冬まつり

  都立山のふるさと村(奥多摩)
1月28日(日)、2月4日(日)9時30分〜15時30分


無料 送 迎バス「やませみ号」
奥多摩駅発10:00 11:20
山のふるさと村発14:20 15:40


山 のふるさと村各施設(入場無料)クラフトセンター 希望者の陶芸、木工、石細工体験は500円から
寒さで足が遠のきがちですが、身も心もあったかくなる企画をご用意しています。
今回は先がけでプログラムをご紹介!

「ふかふか落ち葉プール」
日時:冬まつり両日 (いつでも)
落ち葉のいっぱい詰まったドーム型テントが山ふるに登場!
落ち葉プールで冬眠気分体験ができるよ。

「山ふるを守れ!節分オニ退治」
日時:冬まつり両日12:30~13:00
山ふるにこわ〜いオニがやって来た!このオニはただの豆じゃ退治できない。
山ふるのパワーが詰まった木の実や豆を使ってみんなで追い払おう!
無事追い払えたらビジターセンターからミニプレゼントもあるよ。
子どもはもちろん、大人の参加も待ってます!!

都立山のふるさと村(東京都)
0428-86-2556
http://www.yamafuru.com/

fuyumaturi20170
fuyumaturi2017012


      奥多摩ビジターセンター

    自然教室ボランティア会「紅葉の三ノ木戸山 自然観察登山」

自然観察登山
紅葉まっさかりの石尾根、静かな三ノ木戸山で秋を楽しみましょう!

開催日   11月19日(日)
実施場所  石尾根、三ノ木戸山周辺
定員    30名
参加費   大人 500円  小学生(参加は3年生以上)200円
締め切り  11月5日 必着
申し込み方法  往復はがきに、参加者全員の氏名・年齢・住所・緊急連絡電話番号を記載の上         奥多摩ビジターセンターへ郵送してください。
持ち物   登山に適した服装と靴、防寒具・雨具・帽子・手袋・飲料水・昼食・筆記用具など
集合    11月19日(日) 9:30 奥多摩ビジターセンター集合
雨天中止  前日17:00発表の気象庁天気予報で、当日9:00~18:00の降水確率50%で中止させていただきます。
解散    11月19日(日)16:00頃

当日の流れ   9:30 奥多摩ビジターセンター集合
        9:45 ビジターセンター出発
        10:30 羽黒三田神社
        11:30 三ノ木戸林道終点(山道へ)
        12:45 石尾根縦走路、合流地点
        13:00 三ノ木戸山、山頂(昼食)
        15:15 三ノ木戸林道に戻る
        16:00 奥氷川神社にて解散
予定時間は、多少のずれがあります。また、安全上、コースを変更することもあります。

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩自然教室ボランティア会 主催イベント)

【往復はがき】
①イベント名 
②氏名 ③氏名(かな) ④性別 ⑤年齢(②~⑤は参加者全員)
⑥郵便番号・住所 ⑦当日連絡先電話番号(⑥~⑦は代表者のみ)
 ①~⑦の項目をご記入の上、下記送り先まで郵送ください。
【送り先住所】
  〒198-0212東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩自然教室ボランティア会 宛
※一枚につき三名まで
・申込多数の際は抽選となります。 ・日程やイベント名などは変更となる場合がございます。予めご了承ください
・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.okutama-vc.com/


    奥多摩ビジターセンター

  自然教室 ナイトグライダー!ムササビ観察会

ムササビ観察会
ムササビがどんな動物か知っていますか? 

夜行性? 空を飛べる?
そんなムササビの秘密を解説します!
外での痕跡探しや滑空の観察後には、
奥多摩ビジターセンター近くの氷川渓谷でナイトハイクも予定しています。
皆さまのご応募をお待ちしております!

■開催日:平成29年10月6日(金)
■開催日:平成29年10月7日(土)
※両日とも同じ内容のイベントとなります。ご参加可能な日程をお選びください。
■場所 : 奥多摩ビジターセンター、氷川渓谷
■集合 : 奥多摩ビジターセンター 16:00
■解散 : 奥多摩ビジターセンター 19:50
■持ち物 : 野外活動に適した服装と靴、防寒具、懐中電灯、筆記用具、レジャーシート、飲料、保険証等
■参加費 : 50円
■申込方法 : HP申込フォーム、または往復はがき
  ※詳しくはイベントページ(リンク)をご覧ください
■締切 : 平成29年9月29日(金)必着
■定員 : 20名(応募者多数の場合は抽選)
■対象 : 小学生4年生以上(小学生は保護者同伴)
■当日の流れ(予定)

16:00 受付
16:15 室内でムササビの生態解説
16:50 トイレ休憩
17:00 ビジターセンター出発
17:20 氷川渓谷でムササビ滑空観察
        滑空観察後氷川渓谷をナイトハイク
19:10 ビジターセンター到着
19:50 解散
※雨天中止。当日の状況により、観察場所を変更する場合がございます。予めご了承ください。

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩ビジターセンター 主催イベント )
締切日必着 9月1日
【HP】
フォームからのお申し込みの方は下記から申込してください。
https://www.okutama-vc.com

【往復はがき】
①イベント名 
②氏名 ③氏名(かな) ④性別 ⑤年齢(②~⑤は参加者全員)
⑥郵便番号・住所⑦当日連絡先電話番号(⑥~⑦は代表者のみ)
①~⑦の項目をご記入の上、下記送り先まで郵送くだい。
【送り先住所】
  〒198-0212東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩ビジターセンター 宛
※一枚につき三名まで
・申込多数の際は抽選となります。 ・日程やイベント名などは変更となる場合がございます。予めご了承ください
・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.okutama-vc.com/


  自 然教室 奥多摩登山塾

 「日没 登山体験 ~夜の山を歩いてみよう~」

登山中に日の入りを迎えてしまったら…。
暗闇の中、安全に下山する方法を一緒に考えませんか?
開催日:平成29年7月8日(土)
場所 :青梅丘陵ハイキングコース(行程約6㎞ 標高差約150m)
※アップダウンを繰り返す場所があります。
状況により、コース、集合時間などを変更する場合がございます。
集合 : 軍畑駅   (JR青梅線)  17:10
解散 : 石神前駅  (JR青梅線) 20:20
持ち物 :ヘッドライト、行動食、飲料、野外活動に適した服装・靴、雨具、防寒具、 帽子、保険証等  ※ヘッドライトは必ずお持ちください。
参加費 : 50円
申込方法 : HP申込フォーム、または往復ハガキ ※詳しくはイベントページをご覧ください。
https://www.okutama-vc.com/イベント/
締切 : 平成29年6月26日(月)必着
定員 : 15名(応募者多数の場合は抽選)
対象 : 小学生3年生以上(小学生は保護者同伴)
当日の流れ(予定)
17:10 軍畑駅 集合 挨拶・準備運動
17:35 榎峠
19:00 日の入り時刻 暗闇体験
20:15 石神前駅着 まとめ・アンケート実施
20:20 石神前にて解散
※雨天中止。前日17:00発表の気象庁天気予報で、当日9:00~18:00の降水確率60%以上で中止させていただきます。
また、状況によりスケジュールを変更する場合がございます。予めご了承ください。
奥多摩ビジターセンター
奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
詳細につきましては、直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.okutama-vc.com/

日没登山体験



 「竹林整備&焼きタケノコ」         ふれあい農園 (奥多摩 クラインガルテン

里山竹林再生活用プロジェクト
NPO樹恩ネットワーク ヤングジュオン 地域密着チーム連携企画
ふれあい農園(奥多摩 クラインガルテン)で管理している竹林の整備をします。
5 月 7 日(日)10:00~15:00 まかない昼食付(無料)
作業できる恰好でお越しください。のこぎり・鉈をお持ちの方は持参ください。
恰好でお越しください。のこぎり・鉈をお持ちの方は持参ください。
悪天中止(ふれあい農園のブログで、中止お知らせします)
気候・獣の関係で、タケノコを収穫できない可能性もあります。ご了承ください。
おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン)0428-85-8685
非営利クラインガルテン運動支援機構
http://kgjp.org/newevent.html

tikurinteireokutama


  山のふるさと村 冬まつり

恒例 山のふるさと村 冬まつり

  都立山のふるさと村(奥多摩)
1月29日(日)、2月5日(日)9時30分〜15時30分


無料 送迎バス「やませみ号」
奥多摩駅発10:00 11:20
山のふるさと村発14:20 15:40


山のふるさと村各施設(入場無料)クラフトセンター 希望者の陶芸、木工、石細 工体験は500円から
1月や2月は例年雪が降る山ふる。

山ふる特別あったかイベント
だんご汁の配布(1月29日11時~)(日程と時間は変更の場合があります。)
ずりだしうどんの配布(2月5日11時~)(日程と時間は変更の場合があります。)
焼き芋の配布(1月29日、2月5日11時~)(日程と時間は変更の場合があります。)
昔遊び体験コーナー(竹馬、ベーゴマ、積み木等)(内容は変更の場合があります。)

寒さで足が遠のきがちですが、身も心もあったかくなる企画をご用意しています。
今回は先がけでプログラムをご紹介!

「落ち葉プールで冬眠体験」
日時:冬まつり両日 (時間は検討中)
落ち葉のいっぱい詰まったドーム型テントが山ふるに登場!
落ち葉プールで冬眠体験ができるよ。

「山ふるを守れ!節分オニ退治」
日時:冬まつり両日(時間は検討中)
山ふるにこわ〜いオニがやって来た!このオニはただの豆じゃ退治できない。
山ふるのパワーが詰まった木の実や豆を使ってみんなで追い払おう!
無事追い払えたらビジターセンターからミニプレゼントもあるよ。
子どもはもちろん、大人の参加も待ってます!!

都立山のふるさと村(東京都)
0428-86-2556
http://www.yamafuru.com/
fuyumaturi20170
fuyumaturi2017012


   ソーラーLED竹細工ランプスタンドと

   手付き六つ目高盛籠12/11

里 山竹林再生活用プロジェクト
ソーラーLED竹細工ランプスタンドは光源は弱いけど電源なしで暗くなるとセンサーで6時間ほど点灯
もちろん100V電源LED電球でも使えます。
手付き六つ目高盛籠は上級者向け、これをマスターできれば背負い籠などいろいろんものに活用できます。
おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン)0428-85-8685
非営利グリーンネットワーク・ジャパン
非営利クラインガルテン運動支援機構
http://kgjp.org/newevent.html


OkutamaEvent161211


  こんにゃくと奥多摩ワサビ漬けづくり体験

  11/12 山のふるさと村

奥 多摩の特産物「」わさび漬けづくり体験」をしてみませんか?
こんにゃくづくりも体験していただきます。

stardomeokunippara160806

定員15名参加費1,500円
山のふるさと村管理事務所 0428-86-2556

奥多摩駅から無料送迎
奥多摩日原の山なみは最高
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
http://greennpo.org


   スタードーム8/6 製作設置体験 奥多摩日原フィールド

stardomeokunippara160806

奥多摩町日原 製作設置体験

多 摩川支流 日原川の面した傾斜地
奥多摩日原の山なみは最高
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン

eventgnn(@)greennpo.org

()をはずしてください。

http://greennpo.org


  奥多摩 NOC会報「おとしぶみ」76号(9月15日発行)

otoshibumi170915
奥多摩NOC会報 おとしぶ み76号(9月15日発行)クリック

過去の奥多摩NOC会報 おとしぶみ クリック

 自然体験 活動6/11 立教大学校外ゼミ 奥多摩日原フィールド

rikkyou1606110

奥多摩町日原 わさび田手 入れ、

日原フィールドのさらに山 奥のわさび田
わさび田の湧き源水の味は最高
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
eventgnn(@)greennpo.org

()をはずしてください。

http://greennpo.org

rikkyou1606111rikkyou1606112
rikkyou1606113rikkyou1606114

里山竹林再生活用プロジェ クト奥多摩海沢ふれあい農園 

 (奥多摩 クラインガルテン)    

stardome160612


スタードーム製 作実演
奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン)
スタードーム製作実演
6月12日(日)9時30分〜12時30分 
スタードームは北九州市立大の竹川大介氏を中心に九州フィールドワーク研究会が開発にあたりました。
愛知万博2005年や都市緑化フェア2012年などの実績を持っています。
標準の18mサークルのドームでは30人あまりの人が集うことができる約15畳のスペースが作れます。
野外宿泊用やイベント会場、作業場などに利用できます。
スタードームはテント生地などのかわりに柿渋を塗った和紙を張ると大きな和傘に返信します。
このような純粋に自然素材だけだから作られたスタードームは放置しても完全に朽ちていくために、環境と調和の取れた構造物としてさまざまな用途の活用が期 待できます。 また、住居以外にもドームの骨組みを利用してつる計植物の棚やグリーンカーテンならぬグリーンドーム、温室など手軽な菜園設備としても応用が可能です。 竹は、日本中に広く分布する天然素材であること、費用がかからず加工がたやすいこと、耐久性を持ち軽いことなどから、われわれはもっとも優れた素材として 注目をしてきました。 近年は気候の温暖化と竹製品の需要の低下による竹林放置により、竹林の荒廃や拡大が大きな社会問題となっています。 市民の伐竹ボランティアや竹林を利用したリクレーションなどによって、これらの問題を解決しようとするとりくみが各地で増えており、スタードームもこうし た里山の再利用の一助となるものと考えています。 (九州フィールドワーク研究会)
奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン・東京都) 0428-86-2556
グリーンネットワーク クラインガルテン運動支援機構
http://greennpo.org/  http://kgjp.org/
自然体験イベント情報
http://greenjp.org/newevent.html

4 月 28 日(土)4 月 20 日(金)9 時~16 時「摘み取り農園 畑作業日」☆ 摘み取り園の交流畑の作業をします。 まかない昼食付です。 無料で、どなたでも参加できます。詳しい内容は、電話にて。お楽しみに。


竹細工ワーク ショップ
奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン)
竹細工ワークショップ
6月12日(日)12時30分〜16時
竹細工は日本古来の伝統文化です。
近年は気候の温暖化と外来竹の子の輸入、竹製品の需要の低下による竹林放置により、竹林の荒廃や拡大が大きな社会問題となっています。
市民の伐竹ボランティアや竹林を利用したリクレーションなどによって、放置竹林の問題を解決しようとするとりくみが各地で増えており、 竹細工ワークショップもこうした里山竹林の再利用の一助となるものと考えています。
奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン・東京都) 0428-86-2556
グリーンネットワーク クラインガルテン運動支援機構
http://greennpo.org/  http://kgjp.org/
自然体験イベント情報
http://greenjp.org/newevent.html


自然体験 活動5/21 立教大学校外ゼミ 奥多摩日原フィールド

tokyonomidoriwomamorou

奥多摩町日原 わさび田手 入れ、まき割体験

日原フィールドのさらに奥 のわさび田
わさび田の湧き源水の味は最高
まき割もスカッと割れたら快感とか
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
eventgnn(@)gmail.com()をはずしてください。 http://greennpo.org

kanbatutyokugo.wasabida
wasabidamakiwari

   奥多 摩日原フィールド 植林苗畑山畑 間伐造成   NPO法人グリー ンネット ワーク・ジャパン          一緒にがんばり、楽しむ仲間募集

okutamanippara01

奥多摩町日原  東日原バス停5分

昨年には作業小 屋、間伐樹木炭窯完成
現在、間伐後植林苗畑、山畑造成中
まだまだやることがたくさんあります。
間伐材炭でバーベキューや間伐だけで流しそうめん等も
テントもはれます
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
eventgnn(@)gmail.com ()をはずしてください。 http://greennpo.org

kanbatutyokugoseitigo
kouunkihatakeirigut


都立 山のふるさと村冬ま つり(東京都)    

fuyumatsuri


 毎年恒例、山 のふるさと村冬まつりのご案内
  都立山のふるさと村(奥多摩)
1月31日(日)、2月7日(日)9時30分〜15時30分

無料 送迎バス「やませみ号」
奥多摩駅発10:00 11:20
山のふるさと村発14:20 15:40
山のふるさと村各施設(入場無料) 希望者の陶芸、木工、石細工体験は500円から
1月や2月は例年雪が降る山ふる。
寒さで足が遠のきがちですが、身も心もあったかくなる企画をご用意しています。
今回は先がけでプログラムをご紹介!
冬まつり特別企画その①
「冬ゴッシャードーム」
日時:冬まつり両日 (時間は検討中)
落ち葉のいっぱい詰まったドーム型テントが山ふるに登場!
ふかふかの落ち葉にまみれたり、冬ゴッシャー(冬越しの生きもの)を探し出すゲームができるよ。
君の挑戦を冬ゴッシャーが待ってるぞ!
冬まつり特別企画その②
「山ふるを守れ!節分オニ退治」
日時:冬まつり両日 12:30〜13:00
山ふるにこわ〜いオニがやって来た!このオニはただの豆じゃ退治できない。
山ふるのパワーが詰まった木の実や豆を使ってみんなで追い払おう!
無事追い払えたらビジターセンターからミニプレゼントもあるよ。
子どもはもちろん、大人の参加も待ってます!!
冬まつり特別企画その③
「申年だョ!全員集合」
日時:1月31日〜2月7日
年間100日ニホンザルと出会っているインタープリターだから撮れた秘蔵写真を初公開!
他にも研究者や写真家が撮影したサルのあんな表情、こんな表情も見れちゃいます。
期間中はサルにまつわるお話をインタープリターが実施します。聞くでござるよ!!
都立山のふるさと村(東京都)
0428-86-2556
http://www.yamafuru.com/


陶芸体験と蕎麦打ち のめ こい温泉も(都立山のふるさと村)    

tougeisobauchi


 陶 芸体験と蕎麦打ち のめこい温泉も!
  都立山のふるさと村(奥多摩)
1月22日(金)10:00~16:00

JR奥多摩駅10:00集合
JR奥多摩駅16:00解散
バス送迎 参加費1,000円 温泉実費
昼食は各自打った蕎麦
陶芸は焼き上がりを着払い郵送もできます。
都立山のふるさと村(東京都)
0428-86-2556
http://www.yamafuru.com/


   奥多 摩 海沢 「神 庭のお神楽 屋台出動!」

神庭のお神楽 屋台出動!

8月1日(土)夕方から夜

ボランティア大募集!16 時農園集合。


今年は、「やきそば」& 「お好み焼きたい焼き」の予定です。
8 月 2 日(日)午後「海沢獅子舞 屋台出動2!」
農園が会場のお祭りです。2 日連続の屋台です。「お好みたい焼き」予定。
朝 6 時からの獅子舞奉納は見逃せないです。13時玄関前集合。
おくたま海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン)
東京都西多摩郡奥多摩町海沢497-21
0428-85-8685


  只 今、炭焼き復活作業奮闘中!

報 告者:小山長久氏

荒 れている炭焼き小屋周辺を片づけています。


山 の古い、荒れている炭焼き小屋周辺を片づけています。
埋もれた木材を掘り起こし薪割りをしたりしてストーブ用の薪を作っています。
出来れば冬までに炭焼き釜を復活させ炭焼きをしたいなぁ~と思います。
まだまだ大変な作業ですが、楽しみながら少しづつ炭焼き復活に向け、只今、奮闘中です。

奥多摩炭焼き小屋復活


 奥 多摩わさび田の再生 奥多摩わさび研究会

報 告者:小山長久氏

小 雨の中、植え付け作業をしました。


数 年前の台風で荒れたワサビ田が見違えるほど整備されました。
放置されていたワサビ田は泥が詰まり固くなってしまい植え付けには不向です。
田を掘り起こし泥を捨てたり石垣を補修したりと大変な作業ですが、何とか植え付けまでこぎつけました。
今年の植え付け苗は、全部で1000本の植え付けです。
完全無農薬栽培なので中々大きくなりませんが味は最高、

冬の収穫が楽しみです。
尚、試験的に消毒との比較栽培も検討中です。

奥多摩わさび1305111


奥多摩わさび1305112



  奥多 摩クラインガルテン

  (お くたま海沢ふれあい農園)

okutamanouen

「援農企画 奥多摩クラインガルテ ン」
(おくたま海沢ふれあい農園)

nouenevent

援農企画では、農園の畑仕事を手伝っていただきながら、農作業を体験していただいて います。 親戚の畑を手伝っていただくような感じで、参加していただけると幸いです。
そんな田舎の休日をお楽しみください。

  ナ ガレタゴガエル

       nagaretagogaeru housetunagaretago2       ナガレタゴ抱接

               nagaretagorankai

奥 多摩で最初に発見されたナガレタゴガエル、 日本固有種で2月~4月に渓流で集団繁殖します。 繁殖期にはオスの腹面は赤みを帯びる。また、 雌雄ともに皮膚が伸びて、ひだ状になる。 産卵は水中の石の下などで卵数は 50 - 170個程度である。 成体になると(30~60ミリ位でメスはオスよりひとまわり大きい)陸に上がり秋には渓流に戻り 水の中で冬を越します。タゴガエルと比べ、 後足の水かきがよく発達しています。 京都方面においても生息が見られます。

親子3頭のかもしか  冬いちご     カモシカさん親子3頭   冬 イチゴ

奥多摩なんでも探偵団 ちょうきゅうさん提供です。
暖かい日だまりで仲良く日向ぼっこ!
奥多摩湖見晴しの丘で親子3頭仲良く日向ぼっこ。
白灰色のオスらしき個体は大きく威厳があり山の神の様
メスと子供は暗灰色で顔が優しく可愛いです。
傍に行っても直ぐには逃げずにこちらの動きを伺ってい る様子です。
<カモシカ> 偶蹄目ウシ科、日本固有種、特別天然記念物
♂♀共、角がある。通常は単独で生活、繁殖期は秋、
1年半位は母子で行動する。


しかさん   しかさん発 見!

 

ブログポスト問合せはこちら

巨 大大地震の被災者の皆 様、心からお見舞い申し上げます。


Olive オリーブは震災被災地での 生活を助ける、みんなで作るアイデア集です。 ボランティアだけでなく、 ふだんのアウトドアでも防災準備としても参考になります。


<
2018/11/24
山のふるさと村日帰り体験
干し柿作り体験 200円
11月24日(土)~25日(日)
申込み不要。クラフトセンターにて受付。
詳しくは山のふるさと村クラフトセンター 0428-86-2556 (9:00~16:30)
https://www.yamafuru.com
「山のふるさと村」
やまふる

ケビンサイト8

 お気に入りケビン宿泊

「山のふるさと村」    (都立奥 多摩湖畔公園)

都民から『山ふる』の愛称で親 しまれて いる「山のふるさと村」は、秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設です。 奥多摩の豊かな自然をふれあいを深めることを目的に1990年にオープンしました。 奥多摩湖に面した山のふるさと村は、沢に沿って巨大な34haの面積を有しています。 ビジターセンター、クラフトセンター、キャンプ場、レストランの4施設が整備され、自然散策を楽しむトレイルも設置されています。 国立公園内の情報提供、自然体験の他、木工や石細工、陶芸などの工作の体験、ご宿泊など、来訪者の希望に合わせてさまざまな体験が楽しめます。
お勧め「手打ち蕎麦打ち」要予約
1人前500円

いきものみっけ奥多摩

unazawakeikoku東京都奥多摩 の海沢周辺で
奥多摩いきものみっけ自然観察会!
自然あふれる、この季節!自然豊かな奥多摩のめぐみを味わいつくしましょう!

いつまでも残しておきたい大切な自然 
あなたも自然の一員です

日 時:8月19日(日)
 13:00~15:00
場   所: 奥多摩町氷川周辺 (東京都)
※歩行1.5時間程度    雨天時は中止
現地集合 現地解散 
どなたでも 定員:12名程度(先着順)
参 加 費:無料  満員御礼
持 ち 物:飲み物、雨具あれば双眼鏡、など
服 装:長袖服装と歩ける靴、帽子、手袋など
申   込: FAX・E-MAILのいずれかで
「住所」「氏名」「年齢」「緊急連絡先」をご連絡ください。
●お申込・お問合わせ
グリーンネットワーク
奥多摩何でも探偵団
FAX:020-4665-1307
mailpostお問い合わせはこちら

い きものみっけ
生物多様性をふまえて

ひ とやど うぶつ、くさやはな、ちいさなきんるいやむしも、みのまわりのいのち はすべてつながっています。
そこに、なくていい、いのち、むだないのちはありません。

しぜんはだいじ!
まわりのい きものはせいめいのつながりです。
このちょうわをせいぶつたようせいといいます。
みんなで ちいさな いきもの
みっけよう!

ikimonomikke

「いきものみっけ」

保 護者の方へ
ひとや動物、草や花、ちいさな菌類や虫も。身のまわりのいのちはすべてつながっています。 このたくさんのいのちの調和は自然と呼ばれてきました。このごろでは生物多様性ともいいます。 そこに、なくていいいのち、むだないのちはありません。 いきものみっけは日常、よく見られる、鳥、虫、草花等を子ども、孫たちにも伝えられるイベントです。

奥多摩自然体験施設

「山 のふるさと村」

やまふる
ケビンサイト8

 お 気に入りケビン宿泊

「山のふるさと村」 (都立奥多摩湖畔 公園)

都民から『山ふる』の愛称で親しまれて いる「山のふるさと村」は、秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設です。 奥多摩の豊かな自然をふれあいを深めることを目的に1990年にオープンしました。 奥多摩湖に面した山のふるさと村は、沢に沿って巨大な34haの面積を有しています。 ビジターセンター、クラフトセンター、キャンプ場、レストランの4施設が整備され、自然散策を楽しむトレイルも設置されています。 国立公園内の情報提供、自然体験の他、木工や石細工、陶芸などの工作の体験、ご宿泊など、来訪者の希望に合わせてさまざまな体験が楽しめます。

やまふる

「都立奥多摩体験の森

(都民の森)

奥 多摩都民の森(体験の森) ... さまざまな命を育む森の豊かさを感じ、 山村の温かさに触れ、森作りを学ぶ、そんな楽しい体験にあなたも参加してみませんか。


自 然観察ライブカメラ

yakusima

国立公園・野生生物
 ライブ映像を楽しもう!

全国各地に設置したライブカメラ等を通じて、各地の国立公園等の野生動物、植物等の自然観察が自宅にいながらにしてできます。

自然体験 情報

自然環境・生物多 様性

  • 自然大好きクラ ブNATS (環境省)
    自然とのふれあいをより推進していくために、 1997年7月に環境省が設立したネットワークです。 NATS(ナッツ)とは「NATURES=自然がいっぱい」 を意味する同クラブの愛称です。自然大好きクラブ の情報を活用して、たくさんの自然体験を楽しんでください。

  • 生物多 様 性 -Biodiversity
    地球の自然界はあらゆる生物が個々の独自性とそれぞれの調和で成り立っています。 これらのつながりと調和を生物多様性といいます。
  • 環境省 自然環境局 生物多様性センタ
  • 生 物多様性センターでは日本の動植物の分布や河川、湖沼、干潟、さんご礁などについて 基礎的な調査やモニタリングを実地しています。
  • インターネット   自然研究所 
  • 日 本には、自然の織りなす風景が美しい国立公園や世界遺産 にも登録される原生的な大自然から、冬に多くの水鳥が訪れる 干潟、様々な生物が生息・生育する里山のような私たちの生活 に身近な自然まで、多種多様な自然があります。わが国の自然 環境の保全にとって、この多種多様な自然をそのまま後生の 世代に伝えていくことこそが重要です。
  • 国 立公園・野生生物ライブ映像を楽しもうyakusima国立公園・野生生物ライブ映像では、全国各地に設置した 固定カメラ等を通じて、各地の国立公園等の野生動物、 植物等の自然観察が自宅にいながらにしてできます。 インターネット自然研究所さんのカメラを通じて気軽に 各地の自然観察をお楽しみください。